fc2ブログ

歩こう会のご報告

歩こう会・女性委員会「谷中・上野桜木を歩く」  2024年1月27日

厳寒の中、女性委員会とコラボで開催された本年初の歩こう会は、29名という過去最大の参加者を得て開催された。
コースはJR日暮里駅からのスタートで、初音小路~ゆうやけだんだん~谷中銀座~よみせ通り~岡倉天心記念公園~観音寺築地塀~朝倉彫塑館~谷中墓地であるが、谷中はNHKのテレビ小説「ひまわり」の撮影舞台になり、グルメや街を紹介するTV番組でも商店街が多く取り上げられ、知名度がさらに高まり人気の観光地になったようである。
夕やけだんだんには猫がたくさんいるとのふれ込みで、猫との出会いを楽しみにしていたのだが、寒さのせいか時間の折り合いが悪かったせいか、猫との出会いは皆無に終わった。
さてメインの朝倉彫塑館見学は、さすがの圧巻である。
朝倉文夫は、明治から昭和初期にかけて活躍した彫刻家で・生涯で400点以上もの作品を生み出し、近代日本彫刻のアカデミズムを体現したと評され、リアリティに徹する作風から「東洋のロダン」とも呼ばれている。彫塑館にはわれらが大隈重信公の作品があり、早稲田の構内に設置された大隈像と比較しながら鑑賞をすすめることができた。また中庭や数寄屋風の茶室などを通じて、朝倉流思索と哲学を読み取ることもできる。
彫塑館見学の後は4班に分かれての谷中散策となった。
昔ながらの古い建物が並ぶ町屋、昭和レトロ満載でタイムスリップしたような感覚におそわれる。こんなところがギスギスした現代人の心を捉えるのであろうか。伝統工芸の小物店やお菓子屋さんなど、覗いてみるだけでも楽しいところだ。
「錻力店」の看板を見てあらためて「ブリキ」かと気づかされ、今でもブリキの需要はあるのだという思いを新たにした。
谷中墓地には徳川慶喜はじめ渋沢栄一・森繁久彌・横山大観、朝ドラで一躍有名になった牧野富太郎など各界著名人が数多く眠っている。また墓地に鳥居が建てられている光景には驚かされた。かつての神仏混交の名残であろうか?ユニークな墓石も気になるところである。
各グループ散策の後は昼食兼アルコール会であるが、今回ガイドを務めていただいた佐々木さん(伊藤直美さん友人で町田出身)のご厚意により、マンションのパーティールームで行われ、大いに盛り上がったのはいうまでもない。歩こう会はやっぱり楽しい!

                             S34法卒 齋藤 節子記

1.jpg

朝倉彫塑館で 総勢29人!


2.jpg

夕焼けだんだんを下りて、いざ谷中銀座へ 


3.jpg

たくさんいるはずの猫もこの日は置物だけ


4.jpg

お寺とお墓ばかり よく見ると頭上も墓地!


5.jpg

谷中観音寺にある瓦屋根の付いた古い塀「築地塀」


6.jpg

上野桜木にある佐々木さんのマンションパーティールームで大盛り上がり






町田稲門会ゴルフ大会開催のご報告

町田稲門会2023秋のゴルフ大会ご報告
秋のゴルフ大会を10月13日に町田市内にある東京国際ゴルフ倶楽部で開催し、初参加者4名を含め、4組14名の方々が参加しました。
プレーでは、絶好の秋晴れの下、白球を打ち、日頃の腕前を競い合いました。好スコアの方、少々不本意な方、それぞれでしたが、和気藹々とラウンドを楽しみました。その中でも久々に参加された最高齢者の池田孝さん(昭和30年商学部卒)が、とても91歳とは思えない若々しいプレーを披露し、お元気にラウンドされました。
プレー後は、コンペルームでお茶と和菓子を摂りながら、成績発表を行い、下記の上位入賞者や各賞の表彰をしました。入賞者のスピーチ後は、参加者全員が近況報告を行い、楽しい時間を過ごしました。

優勝   松尾(S50商)さん
2位   津田(S59教)さん
3位   清水(S40法)さん
ブービー 粉川(S45商)さん
ベスグロ 松尾(S50商)さん
大波   山﨑(H8商)さん
ニアピン 津田(S59教)さん×2ホール、天野(S53商)さん
ドラコン 津田(S59教)さん×2ホール

次回のゴルフ大会は来年春(4月頃)に予定しています。今回、ご都合の合わなかった方も奮ってご参加いただけますようお願いします。

ゴルフ同好会:栢沼祥郎(S54理工)

s-DSC_0684.jpg


歩こう会のご報告

真夏の歩こう会  ~東京湾唯一の自然島「猿島」を歩く~

7月9日(日)、一度雨で流れて二度目に設定された歩こう会だが、不安定な天気が続く中、予報もかんばしくはなかった。午後は雨マークになっている。
とにかく朝は晴れだ。この晴れ間が少しでも長く続きますようにと祈る気持ちで家を出る。
JR町田駅に7時半集合、参加者は12名である。横浜駅乗り換えで横須賀中央駅へ。
駅から三笠公園まで徒歩15分。日露戦争で活躍した戦艦三笠に乗船見学となる。
東郷平八郎率いる連合艦隊がバルチック艦隊を迎え撃ち、日本を歴史的勝利に導いたとい史実は広く知られるところだが、その「戦艦三笠」に乗船し内部をつぶさに観察できたのは貴重な経験であった。今年で海戦117周年になるとのことだが、主砲塔の模型や発射台をみるにつけ、戦争のリアルとウクライナへの思いを禁じ得なかった。
「三笠」は記念艦として、つまり世界海事遺産として横須賀の地に存在するわけだが、勝利の象徴としてだけでなく、歴史的な意味や戦争の爪痕の視点も忘れてはなるまい。

三笠下船後は、フェリーで猿島へ。
「猿島」といえば、今回の歩こう会まで私は「猿島」を知らなかった。無知と言ってしまえばそれまでだが、こんなに近い場所に太平洋戦争の要塞があったことに驚いている。
猿島は無人島であるが、かつては東京湾を守る要として砲台と弾薬庫のある「要塞の島」だったのだ。兵舎、砲台、そして長いトンネル。なかでも「フランス積み」という方式で積み上げられたレンガの建造物は、日本に数か所しか存在しない貴重なものだという。島内には蒸気機関による発電所もあり、ここでつくられた電気は建物の裏から切通しを伝って島の中央部高台にある照明所に送られていたという。明治28年完成とか。
第二次世界大戦後は、1996年まで日本を占領して横須賀港を利用したアメリカに接収されたが、1995年横須賀市が大蔵省(現財務省)から管理を受託、散策路などを整備し航路を復活させた。また、2003年には国から横須賀市への猿島無償譲与がなされ、「猿島公園」として整備されたものである。
猿島を散策中終盤になって小雨に見舞われたが、大方のコース終了間際であり、問題なし。あとは空腹を抱えて待望の食事処へ一目散!
大いに食べ、飲んで盛り上がったことはいうまでもない。「歩こう会」は実に有意義で愉快な会なのです。
                                  齋藤 節子記


12023歩こう会
「三笠」「東郷連合艦隊司令長官」と記念写真


22023歩こう会
三笠 司令塔より30センチ前部主砲、前甲板、横須賀港をのぞむ


2023歩こう会3
猿島 日本で最も古いレンガ造りのトンネルの前で記念写真


42023歩こう会
猿島 フランス積みレンガ造りの旧要塞跡を歩く






町田稲門会ゴルフ大会開催のご報告

町田稲門会2023春のゴルフ大会ご報告

昨年秋悪天候で中止したため、1年ぶりとなるゴルフ大会を4月6日に開催しました。
町田市内にある東京国際ゴルフ倶楽部で昨年を上回る4組14名の方々に参加いただきました。スタート前は雨模様の天気でしたが、幸いスタート時には雨も上がり、風は強いですが晴れ間も見える中でのプレーとなりました。
プレーでは、前会長の清水さんと前同好会幹事の松尾さんで熾烈なデッドヒートを展開し、わずか2打差で松尾さんがベストグロス賞を獲得しました。他の皆さんも好スコアの方、少々不本意な方、それぞれでしたが、和気藹々とラウンドを楽しみました。
プレー後は、コンペルームで表彰式を行い、お茶とケーキと共に、楽しい時間を過ごしました。

優勝 南さん  2位 鈴木(烈)さん  3位 松尾さん  ブービー 栢沼(妻)
ベスグロ 松尾さん
大波   久保田さん
ニアピン 松尾さん、志村さん、栢沼
ドラコン 松尾さん、南さん

次回のゴルフ大会は秋(10月頃)に予定しています。今回、ご都合の合わなかった方も奮ってご参加いただけますようお願いします。

ゴルフ同好会:栢沼祥郎(S54理工)


2023ゴルフ写真

歩こう会のご報告

春の歩こう会 〜 近藤、土方が通いし小野路宿界隈、ロダン、ユトリロを堪能 〜

2022年3月5日、春の歩こう会開催。
久しぶりの小野路界隈で布田道、関谷の切通しを歩く。小野神社前から小島資料館※を二手に分かれて見学。閉館中のところを案内は小島館長で。布田道、関谷の切り通しは7年前の3月6日にこの会にて通った道。昔の町田に戻った感じで懐かしい。
その後、ギオンスタジアム・野津田公園経て「西山美術館」見学しロダン、ユトリロ作品と宝石見学。
鶴川に戻り、「銀蔵すし」で歩こう会締め。斎藤先輩挨拶にて乾杯!アルコール会に。
参加は、前野、原、後藤、斎藤、柏木、粉川、森、浦野、清水、白石、益弘、砂田、金沢夫妻、斎藤、国田、川島、新延、八百、中村の19名と盛況であった。
(中村弘見 記)
※小島資料館(小島家)
幕末の動乱期を疾風のごとく駆け抜けた新撰組の近藤勇、土方歳三、沖田総司、山南敬助らが若かりし頃、剣術指南として通った小野路の道場。




1こぴー

小野路宿里山交流館で。



2こぴー

懐かしい里道 綾部原を歩く




こぴー3

ロダン「バスティアン・ルパージュ」
(西山美術館)




4こぴー

西山美術館で
sidetitleプロフィールsidetitle

町田稲門会

Author:町田稲門会
「町田稲門会 同好会の最新活動状況」へようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR