fc2ブログ

歩こう会のご報告

歩こう会・女性委員会「谷中・上野桜木を歩く」  2024年1月27日

厳寒の中、女性委員会とコラボで開催された本年初の歩こう会は、29名という過去最大の参加者を得て開催された。
コースはJR日暮里駅からのスタートで、初音小路~ゆうやけだんだん~谷中銀座~よみせ通り~岡倉天心記念公園~観音寺築地塀~朝倉彫塑館~谷中墓地であるが、谷中はNHKのテレビ小説「ひまわり」の撮影舞台になり、グルメや街を紹介するTV番組でも商店街が多く取り上げられ、知名度がさらに高まり人気の観光地になったようである。
夕やけだんだんには猫がたくさんいるとのふれ込みで、猫との出会いを楽しみにしていたのだが、寒さのせいか時間の折り合いが悪かったせいか、猫との出会いは皆無に終わった。
さてメインの朝倉彫塑館見学は、さすがの圧巻である。
朝倉文夫は、明治から昭和初期にかけて活躍した彫刻家で・生涯で400点以上もの作品を生み出し、近代日本彫刻のアカデミズムを体現したと評され、リアリティに徹する作風から「東洋のロダン」とも呼ばれている。彫塑館にはわれらが大隈重信公の作品があり、早稲田の構内に設置された大隈像と比較しながら鑑賞をすすめることができた。また中庭や数寄屋風の茶室などを通じて、朝倉流思索と哲学を読み取ることもできる。
彫塑館見学の後は4班に分かれての谷中散策となった。
昔ながらの古い建物が並ぶ町屋、昭和レトロ満載でタイムスリップしたような感覚におそわれる。こんなところがギスギスした現代人の心を捉えるのであろうか。伝統工芸の小物店やお菓子屋さんなど、覗いてみるだけでも楽しいところだ。
「錻力店」の看板を見てあらためて「ブリキ」かと気づかされ、今でもブリキの需要はあるのだという思いを新たにした。
谷中墓地には徳川慶喜はじめ渋沢栄一・森繁久彌・横山大観、朝ドラで一躍有名になった牧野富太郎など各界著名人が数多く眠っている。また墓地に鳥居が建てられている光景には驚かされた。かつての神仏混交の名残であろうか?ユニークな墓石も気になるところである。
各グループ散策の後は昼食兼アルコール会であるが、今回ガイドを務めていただいた佐々木さん(伊藤直美さん友人で町田出身)のご厚意により、マンションのパーティールームで行われ、大いに盛り上がったのはいうまでもない。歩こう会はやっぱり楽しい!

                             S34法卒 齋藤 節子記

1.jpg

朝倉彫塑館で 総勢29人!


2.jpg

夕焼けだんだんを下りて、いざ谷中銀座へ 


3.jpg

たくさんいるはずの猫もこの日は置物だけ


4.jpg

お寺とお墓ばかり よく見ると頭上も墓地!


5.jpg

谷中観音寺にある瓦屋根の付いた古い塀「築地塀」


6.jpg

上野桜木にある佐々木さんのマンションパーティールームで大盛り上がり






sidetitleプロフィールsidetitle

町田稲門会

Author:町田稲門会
「町田稲門会 同好会の最新活動状況」へようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR